HOME > 同業者・プロの声

同業者・プロの声

ディスクゴルフ日本チャンピオン 菊地哲也選手

kikuchi.jpg主にトレーニングでお世話になっています。というよりも、もちろん腰や肩などに不調を感じることはありますが、それ程ひどくない症状であれば、久保田トレーナーのトレーニングをやると、自然と楽になります。トレーニングとしてのキツさや難しさは感じながらも、おわると身体が軽い感じがするのでいつも不思議な感覚です。

ディスクゴルフは、肩甲骨や肩周囲の可動域はもちろん、からだ全体の「軸」がとても重要になりますが、からだの軸をこんなに感じることができたのは「クリア式HSメソッド」が初めてでした。

これからもディスクゴルフの競技者としても、普及のためにもまだまだ現役でいなければならないと思っているので、これからもお世話になります!


Tokyo Stylish Sports~ディスクゴルファー菊池哲也のブログ~
http://t2-kikuchi8145.doorblog.jp/
 
菊地哲也選手出演のTV動画はこちら
ウルトラマンDASH https://www.youtube.com/watch?v=MRRV33c5JFY&t=25s
24時間テレビ https://www.youtube.com/watch?v=FVu3zI4Fhdk

極真空手国際大会2015~2017年 3連覇 知念流花選手

ruka.jpg中学3年の時からトレーニングでお世話になっています。今までは極真空手をやってきましたが、2020年の東京オリンピックで空手が採用されたことを受けて、自分もオリンピックに出たいという想いが湧いてきて、今は空手の練習もしています。

久保田先生のトレーニングを受けるようになってから突きや蹴りの強さが明らかに強くなりました。まわりの空手の先生たちからも、明らかに相手に打撃が効いているのが見てわかるようになっていると言われて、トレーニングの成果を実感できたのはとても嬉しかったです。これからも大きな大会で勝ち続けて、いつかオリンピックでメダルを取れるように頑張っていきます。

第ニ代ZSTライト級チャンピオン(総合格闘技) 平信一選手

taira.jpgいつもクリア接骨院でトレーニングしています。自分も格闘技を始める前の学生時代は、野球やラグビーなど、ずっとスポーツをやっていましたが、けっきょく接骨院や整体では施術や電気だけで済まされてしまう所がほとんどですが、ここでは治療だけでなく、リハビリやトレーニングもできるので、スポーツをやっている人はみんなここに来てほしいと思います。

そもそも接骨院で100kg以上の重りを扱ってトレーニングできるような設備があることが珍しいと思うし、ちょっと前まではバーベルに付ける重りが120kgまでしか無かったのが、160kgまで用意してもらえてとてもありがたいです。そのうちもっと重くしてもらいます(笑)

練習やトレーニングで何かあっても、何でも答えてくれるのでとても助かります。

他の整骨院や整体に通っている人も、ここに通わないともったいないと思います。おススメです。

ビーチサッカー日本代表/東京ヴェルディBS所属 後藤崇介選手

goto.jpg普段は海外遠征や地方遠征がとても多いのでなかなか時間が作れないことも多いですが、少しでも時間ができたときには、クリア接骨院でお世話になっています。

以前、大事な海外遠征の直前にもも裏の肉離れをしてしまった時に、何とかしなければと思ってクリア接骨院に駆け込んだことがありましたが、足を引きずってようやく辿り着けたような状態だったのが、帰りには普通に歩けるようになったのには本当に驚きました。治療もトレーニングも一緒に見てくれる治療院は本当に貴重だと思うので、これからも頼りにしています!
 
後藤崇介オフィシャルブログ 510.NET~海男~ http://ameblo.jp/510net/

ビーチサッカー日本代表 東京ヴェルディBS 原口翔太郎選手

haraguchi.jpgいつもトレーニング指導をしてもらっています。2016年のワールドカップを終えた時から、次回のワールドカップでも日本代表に選ばれること、そして前回大会よりも良い結果を残すことを目標に、久保田先生にサポートしてもらっています。

自分は元々スピードタイプの選手で、日本代表の中でもスプリント(短距離走)はトップでした。それにも関わらず、久保田先生のトレーニングを受けるようになってからは、トレーニングを受けるたびに、さらにスピードに乗りやすくなるのが実感できて、パフォーマンスがどんどん上がっていくのがわかります。
一躍話題になった女子サッカーやラグビーなどの日本代表のように、ビーチサッカーが世界での結果で注目されるように、精一杯トレーニングに取り組みたいです。

これからもよろしくお願いします!

ビーチバレー/ANA所属アスリート 田中麻衣選手

mai.jpgシーズン中は会場でのサポート、オフシーズンはトレーニングでお世話になっています。肩に腰に膝に、痛みや違和感が出てしまう箇所がとても多いのですが、どうしたら少しでも良い状態になるかということを常に考えてもらっています。

痛みが出て治療をしている時には「その場しのぎで痛みが取れてもダメなんです…」と言ってくれますし、トレーニングをしている時にも「肩にも腰にも膝にも良い効果が出るように…」と考えながら、常に細かいところまでアドバイスを受けています。

砂の上で行う競技なのでどうしても疲労が溜まりやすく、仕事の疲労も抜け切らないことも多いので、治療、疲労のケア、トレーニングが一挙に受けられるというのがとてもありがたいです。これからもよろしくお願いします。

ANA所属アスリート紹介ページ https://www.ana.co.jp/ana-info/ana-athlete/
 

ビーチバレー日本代表候補 畑辺純希選手

hatabe.jpgいつもトレーニングでお世話になっていますが、調子が悪い時にはケアもしてもらっています。トレーニングに通っている所で、いざという時にはケアも受けられるという環境はなかなかないので、とてもありがたいです。

トレーニングでは基礎を大切にしながら、パフォーマンスアップもケガの予防も、どちらの要素も兼ね備えたメニューを提案してくれるので、プレーの中でトレーニングの効果を実感できることも多いです。

これからは東京オリンピックを目指す大事な時期になるので、引き続きサポートよろしくお願いします!
 
畑辺純希オフィシャルブログ BEACH VALLEY 奮闘記
https://ameblo.jp/jhatabe-dream-come-true/

スポーツ&サイエンス代表 坂詰真二先生

sakagami.jpg体と心を良い状態で保ち、健康的に生きていきたい。
それは誰もが持つ願いでしょう。

しかし、一方で多くの皆さんが「肩こり、腰痛、膝の痛み、骨粗しょう症、そして今大きな問題となっているロコモティブシンドローム()などなど様々な悩み、あるいはそのリスクを抱えています。
その解消、予防のために必要なのは「癒し(治療)」、そしてもう一つは「運動(鍛錬)」です。

これは車の両輪のようなもので、どちらが欠けても問題は根本的に解決しません。

例えば腰痛や肩凝りは、薬品で炎症を抑えたり、マッサージで筋肉の緊張を和らげたり、安静にすることで痛みを軽減する効果が得られます。しかし、これだけではやがて腰や肩の筋力や柔軟性などの機能が衰えて、ますます弱い刺激に対して疲労しやすくなってしまいます。

この悪循環を止めるには、やはり腰部や肩の筋力トレーニングやストレッチも並行して行うべきです。

多くの治療者がこのことを分かっていながら、実際に運動指導まで踏み込む方は極々少数です。
その理由の一つは、根本的な解決をしてしまっては、治療を行う必要がなくなっていくことになり、
ビジネスとして考えた場合、大きなリスクを背負うことになるからです。
ただ、やはり「医は仁術」であるべきで、算術であってはならないはずです。



私は久保田先生がスポーツ専門学校に通うころに複数の授業を担当させてもらいましたが当時から、学習意欲が高く、成績も優秀であったことに加え、学生同士だけでなく講師陣に対してもとても気を遣う優しい学生であったことをよく覚えています。ですから今回、久保田先生が患者様に対して治療に加えて、運動指導を開始すると聞き、「さすが久保田君」そう思いました。

この決断は苦労も多いと思いますが、患者様に寄り添った理想的な医療を実現して欲しいと願い、陰ながら応援しています。

※ロコモティブシンドローム・・・運動器の機能低下や障害によって要支援・要介護のリスクが高まった状態

【坂詰真二先生プロフィール】
スポーツ&サイエンス代表。NSCA(全米ストレングス&コンディショニング協会)-CSCS(公認ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)、同協会CPT(公認パーソナルトレーナー)。
㈱ピープル、㈱スポーツプログラムスを経て1996年に独立。現在各種アスリート指導、スポーツ系専門学校講師を務めながら、様々なメディアでも活躍。著書に「やってはいけない筋トレ」(青春出版社)など多数。ブログ: http://ameblo.jp/s-s1996

Athlete Development Project代表 舟橋立二さん

hunabashi.jpg久保田くんとは、彼が学生の時代から知っておりますが、その時から勉学に対する姿勢は学年でもトップクラスでした。また勉強面だけでなく、とても人間の本心を見ることに興味があり、そこから多くのことを学ぼうとする意識が人一倍ありました。その後、自分が常に刺激を受けられる場所を探し求め追いかける姿勢は、私も大変勉強にさせてもらっています。
 
接骨院を開業したことも彼の道の仮定の一つではあるかと思いますが、その優れた技術だけなく、人とのコミュニケーションをとても大事にし、患者さんとの人間関係を築いている姿は、今も昔も変わりません。
 
痛みや不調を単体のものとして捉えるのではなく、他の接骨院にはない「人とのつながりからの治療」を考えているところは彼ならではないかと感じます。
 
私の教え子の一人がこのように素晴らしい人間に育っており、また成長過程であることを自覚し努力する彼を誇りに思います。
 
 
 
【舟橋立二先生プロフィール】
カリフォルニア州立大学ロングビーチ校 アスレティックトレーニング学科卒業後、USAチアリーディングのトレーナー、アジア人初のNBAプレイヤー田臥勇太選手やデニスロッドマンなどが所属していたアメリカ・プロバスケットボールチームLong Beach JAMのヘッド・トレーナーを歴任した。
その後、日本に帰国し、日本大学バスケットボール男子・女子部のヘッド・トレーナーとして5年間努め、その間大学日本一を経験する。また、三菱重工相模原ラグビー部にて5年間ヘッド・トレーナーを務め、現在はプロバスケットボールチーム東京エクセレンスのメディカル・スーパーバイザーとなる。同時にパーソナルトレーナーとしても元バスケットボール日本代表の菊地祥平選手、女子ラグビー日本代表の鈴木彩香や加藤慶子、セーリング日本代表でロンドンオリンピック出場の土居愛実選手、その他様々な競技の学生からプロ選手までのトレーニング指導を行う。
 
ADPウェブサイト:http://adptrainers.com

エアロビクスインストラクター 畑麻優子さん

hatake.jpg私はエアロビクスのインストラクターとして活動していて、
痛みや疲労のケアで久保田先生にいつもお世話になっています。

レッスンで体を痛めることも多く、他の治療院で施術を受けても、すぐに同じところが痛むことが多いので困っていました。それが、久保田先生に診てもらうと、痛いところの施術だけでなく、全身のバランスを整えてくれました。

レッスンで足や股関節を痛めたときは
「バランスを整えてもね…」
と、はじめのうちは内心半信半疑でしたが、驚きの治療効果がありました。
同じところの痛みは続かず、バランスの調整をしただけで、身体の使い方まで変わっているのが体感できました。

久保田先生は、ただマッサージをするだけ、ただ電気治療をするだけというようなことはぜったいにありません。
怪我や痛みがあるときに、動き方のポイントを少し教わるだけで痛みがなくなったり、トレーニングをする前に、トレーニング効果がより出やすいようにバランスを調整してもらったり、治療からトレーニングまで幅の広さにいつも驚かされます。
 


その治療の中でも、特にテーピングの効果がすごいと感じています。
少しテープを貼っただけで動きやすくなったり、体がとても安定した状態になったりします。レッスンの前にテーピングを貼ってもらうと安心して動くことができます。
 
治療だけでなく、運動やトレーニングのことなど何でも教えてくれるので、他の整骨院(接骨院)とはまったく別格です。どこに行こうか悩む前に、クリア接骨院に行けば何でも教えてくれますよ。

【畑麻優子インストラクタープロフィール】
エアロビクスインストラクター。ピラティスインストラクター。NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)-PFT(認定パーソナルフィットネストレーナー)。健康運動実践指導者。
東急スポーツオアシスをはじめとする複数のスポーツクラブ、公共施設等でエアロビクス、ステップ、ピラティスなど、数多くのレッスンを担当。
NPO法人スマイルボディネットワークに所属し、女性のための骨盤底筋体操の普及にも努めている。

新規患者様の施術は1日1名様に限らせて頂いています このような悩みを解決し、未体験ゾーンの健康で元気な身体に必ず導きます。

TEL.045-511-8984
[月~土] 10:00~19:00 [定休日] 日曜日 ※祝日は要問い合わせ
※昼休憩なし ※事前予約にて時間外も承ります。

アクセス ネット予約

このページのトップへ